browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

家族で入った冬のお風呂

我が家は築50年ほどの古家で、冬はとても寒い。幼い3人の子供と一緒に風呂に入ると、それぞれの頭と体を洗ってやらなくてはいけないので、私はずっと湯船に浸かれずに洗い場にいる。古い家なので当然断熱材などは入っておらず、また中途半端に先進的にしたのか窓だけは大きいので、冬の風呂は外気とほとんど変わらないくらい寒い。どれぐらい寒いかというと、風呂を洗って湯を張っている間に湯がさめて、入る頃にはぬるくて入れないほどだ。幸い追い炊き機は付いているので追い炊きをしながら入るのだが、この追い炊きで出てくる湯がまためちゃくちゃに熱い。子供が浴槽の中でやけどするほどだ。その熱湯とぬるくなったお湯を足でかき混ぜながら、洗い場で3人の子供の頭を洗う。足だけがやけど寸前で、体は氷のように冷たい。家の断熱さえしっかりしていればこんな思いをしなくて済んだのに。暖かい家に住みたい。何度そう思ったことか。実家は築30年経つがグラスウールの断熱材が入っているので、我が家とは雲泥の差だ。とても暖かい。高性能住宅だとか高気密高断熱だとか言われているが、我が家の場合は無断熱住宅から最低ランクの断熱材にグレードアップしてくれるだけで、天国になりそうだ。


 


 


工務店向け集客ノウハウ